読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラクソピアスちゃん

物書きやってる麻宮ミヤネのブログです。友達がいません。

【ロキノン東方4】ROCKIN'ON TOUHOU VOL.4というCDに参加した話。

最近、孤独死が怖いってことしか考えてない麻宮ミヤネです。

 

 

f:id:mamiyamiyane:20150514010311j:plain

 

 

突然だけど例大祭12でIOSYSが出したROCKIN'ON TOUHOU VOL.4ってCDについて語ろうと思います。衝動的の人ことシノダナオキさんが昔自分のブログでやってたCD語りの記事読んで触発されたので、パクリってことでいいと思います。


何で『ROCKIN'ON TOUHOU VOL.4』について語るかっていうと、ていうかROCKIN'ON TOUHOU VOL.4ってイチイチ書くのもアレなのでロキノン東方4って今後は書いていきますけど。ロキノン東方4について語るのかって麻宮ミヤネが参加してるからなんですよね。麻宮ミヤネっていうのは自分のことなんですけど。
まぁ何の縁があってかこのCDに参加出来てしまったので、そのことについてせっかくなので忘れないうちにブログにでも書き残そうと思うんですよね。
まぁ今までのロキノン東方の参加者の中でも一番の最底辺な自信はあるので、そういう意味も込めてこのCDがどんな感じなのかちょっとでも伝わればいいと思います。


色んな説明書いてたらめっちゃ長くなったのでそれは後に回して、各曲について自分なりにレビューしていこうと思います。少しでもロキノン東方4に興味持ったり、ロキノン東方4を持ってる人がさらに楽しめたらいいと思います。
どうせロキノン東方の参加者の中で最底辺の人間なので、何書いても最悪こっちで首吊れば向こうも怒らないと思うので好き勝手書きます。おい、死は免罪符じゃないぞ!



1・MY FIRST FLOWER
原曲:今昔幻想郷 ~ Flower Land
歌 : 提灯(Mods Crisis ∞) 作詞 : 96 編曲 : void

CDの1曲目ってやっぱり聴く人の心をガッチリ掴むか、そのあとに続く曲への導入部分だったりするので重要だと思うんですけど、幽香曲だけあってガッツリ勝負に来てますよね。提灯さんの歌声がまず格好いいです。爽やかだし幽香っぽさが出てますよね。
こういうガッチリした曲があるから「あ~このCDやっぱ凄いんだろうな」って思えます。マジで格好いい。サビの最後の部分格好良すぎるよなぁ!?


2・彼岸九相
原曲:彼岸帰航 ~ Riverside View
歌:厚志(インフェクテッド) 作詞:nookilyrizo 編曲:void

自分は厚志さんが歌ってる時点で思考停止で「ええなぁ!?」って言ってしまう機械なのでそれ以上もそれ以下もないんですけど、そういう感情抜きにしてもこの曲は今まで厚志さんが歌ってきたIOSYS曲の中でもトップクラスに良いと思います。voidさんが厚志さんの歌の魅力にかなり努力して寄せて作った賜物ですね。
作詞のヌキリゾさんの歌詞も格好いいです。ていうかヌキリゾさんに関してはイベントで会ったりしたんですけど、天才みたいな雰囲気が半端なかったです。別に媚びてるわけではなく、多分誰が見ても同じこというと思います。あと喧嘩したら麻宮のことドラムセットに見立ててボコボコに棍棒でビート刻まれるんだろうなって思いました。
いや、こんなこと書いてるけどぬきりぞさんはセンスの塊ですよ。言い訳みたいになっちゃったけど。


3・私を喰らわば花まで喰らいつくしてよ
原曲:ポイズンボディ ~ Forsaken Doll
歌:96 作詞:麻宮ミヤネ(ヘルガプリズン) 編曲:void

自分語りクッソ痛いからしたくないけどします。
曲調は最初の二曲に比べたら随分とポップですよね。聴きやすいというか。この曲とこの先のトラックにある『いとしのフラワーマスター』って曲があるからこそ、このCDは聴きやすくなったと思います。メリハリついたんじゃないですかね。
歌詞目線の話でいえば、あるアーティストさんをめちゃくちゃ意識して作りました。麻宮のツイッターとか見てる人は予想めっちゃ付くと思います。
一から説明すると長くなっちゃうのでアレですけど、歌詞の最後のきみだけのフィギュアになって 壊れるほど愛されて きみのこと憎みたいな!っていう部分がキラーフレーズだと思います。ていうかこの曲については自分の恋愛観みたいなの透けて見えるような気がして「この人キモい……」って思われそうですね。どうもキモオタです。
voidさんと96さんというメインの二人と組ませていただくというのは、ある意味麻宮の目標でもあったので叶って良かったです。ありがとうございました。まぁ自分ももっと他の方々に釣り合うような感じに頑張らないといけませんね。オワコンオワコン
個人的に96さんの歌声とシンクロしたのは花占いとか試してみたけど「好きなの」「嫌いよ」 手癖で変わるしの部分です。研ぎ澄まされてるなぁ!?


4・The Flower Is Most Beautiful When It Blooms In Despair
原曲:フラワリングナイト
歌:ランコ(豚乙女) Scream:周平(Silently Shooting Traitors)
作詞:96 編曲:衛☆星太郎(死際サテライト)

星太郎さんの曲っていったらもうガチもガチですよ。女が濡れるタイプの音楽といいますか。トラック3と合わせてロキノン東方4の振り幅がよくわかりますね。
そこに加えてランコさんの歌声で力強く歌われるのはやっぱり曲と歌声がシンクロしてますよね。さらに周平さんのスクリームが入って曲としてさらにシリアスさを増してます。やっぱロキノン東方4って凄いんだと考えさせられますね。
やっぱり強い人たちが集まると強い曲が出来るという良い見本な感じ。


5・落花ファクター
原曲:風神少女
歌:LIQU@。(@-dash!) 作詞:96 編曲:ながもん(MISTY RAIN)

ながもんさんは例大祭で麻宮にカッターナイフ向けてチキチキと刃出して殺そうとした数時間後に「おい、死は免罪符じゃないぞ」って言い出したサイコ野郎なんですけど。それとは別に曲の話をすると相変わらずのミスレイ節が聴いてて自分が求められてるモノっていうのを理解してますよね。
だってミスレイファンが確実に満足するタイプの曲ですからね。LIQU@。さんもミスレイっぽい歌い方してますし。ちゃんとターゲット狙いキメキメで仕留めてきたってわかります。

身内評価とか抜きに、そういう仕事をきちんとこなすのがミスレイらしくもあり、きちんと完成度高いのをあげてくるミスレイは本当に凄いと思います。
ピロピロピロ~(ピロピロピロ~)←ミスレイながもんをリスペクトしたディレイ表現。


6・嘘を重ねて
原曲:六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years
歌:あさな 作詞&編曲:あるす(Satellite Himawari)

参加したCDや本に順番つけるようなことはあんまりしたくないんですけど、ていうかあるすくんってそこそこ身内だからアレですけど、本音言えば麻宮的にはこの曲が一番好きです。あいつやれば出来るじゃん! みたいなのもあると思うんですけど。
久々に本気出したんでしょうね。めっちゃ曲が頭に残ります。まぁ麻宮はあるすくんのことそこまで好きじゃないんですけど。曲は好きです。
歌っているあさなさんがまぁ歌そりゃ上手いからあの変な拍子の曲(これはサテヒマ公認のフレーズ!)も歌えるんだと思います。あさなさんが歌ったことによりめちゃくちゃ良くなったんじゃないでしょうか。
あるすくんのことは嫌いだけど、彼が歌ったデモを聴かせてもらった時点でかなり良い曲だったんですけど、それをあさなさんが歌っていわゆる神曲になったと思います。麻宮はあるすよりもあさなさんのほうが好きなので、あさなとあるすでひらがな三文字被っててあるすはあさなさんに失礼なので、あるすは脱法ハーブ太郎とかに名前変えてください。何があるすだよ、お前本名清水じゃねーか。でも曲は好きです(ナイスフォロー!)
まぁ馴れ合いゴミ馴れ合いはさておき、嘘を重ねてって曲が麻宮はとても良いと思ってるので、これであるすくんの名前がちょっとでも知られたらいいですね。よく頑張ったわな。


7・レッドアイ
原曲:お宇佐さまの素い幡
歌:リベロ(マスカルポーネ) 作詞:七条レタス 編曲:マスカルポーネ

マスカルポーネもミスレイと同じで求められてるモノをそのままアウトプットしたカタチでとてもいいと思います。「おいIOSYS参加するからって媚びた音楽やってんじゃねーぞ」みたいなことにならなくて良かったですし。既存のマスカルファンが満足する曲になってますよね。
七条レタス先生の詞もいいですし。曲と合わせて聴いてて楽しくなるし、まさにロックって感じでこの曲も今までのロキノン東方とは違う切れ味を演出してくれてると思います。純粋なロックナンバーもロキノン東方は受け入れるみたいな広がりも見えますし。
マスカルポーネライブになると何倍にも化けるので、今回の曲が良いなと思った人はライブで一回見てみるといいんじゃないでしょうか。ビックリするくらい良いです。


8・いとしのフラワーマスター
原曲:おてんば恋娘の冒険
歌:natsu(ガクブチック) 作詞:96 編曲:void

今まで黙ってたんですけどガクブチック大好きだったんで普通に一緒のCDに参加出来て嬉しかったっていうのもありますけど、この曲と自分も担当したトラック3がめちゃくちゃ耳に癒しがあるので(っていってもトラック3は歌詞そこそこドロドロしてますけど)近いモノを感じちゃいます。
まぁオマージュというかリスペクト元はわかる人にはわかりますよね。パスパスしてきた……! ていうかvoidさんもよくこんな引き出しありますよね。音楽の四次元ポケット……!
別にここにグダグダ書くまでもなく良い歌ですよね。ツイッター見てると好評ですし。あと96さんの作詞も今回のCDの中ならこれが一番好きです。チルノっぽさもあるし。楽しいですしね。
ていうかガクブチックの例大祭新譜を個人的に買って聴いてるんですけどずっとリピートしてますからね。多分自覚ないんですけどかなり好きなんだと思います。
今回ロキノン東方4に参加して結構「お、このサークルええなぁ!?」って思った人もかなりいると思うんで注目してガクブチックのCDを買ったらいいんじゃないでしょうか。


9・Stardust Flight
原曲:オリエンタルダークフライト
歌:あにー(TaNaBaTa) 作詞:96 編曲:void

あにーさん参加してる時点で勝ちみたいなところありますからね。
この曲を最後に持ってくるのが憎いですよね。星太郎さんの時とはまた別に、色んな女の人が濡れてるんだと思います。言葉のボキャブラリーが濡れるしかねーのかよ自分は!
聴いてると元気が出る曲ですよね。この曲が最後にあるおかげでこのCDは完成されたんじゃないでしょうか。ロキノン東方4はいいCDだなぁと。そういうことをこの文章を書きながら思ってます。ひたすら、ただひたすら良い……。



…………というわけで各トラックを自分なりに振り返ってみましたけど。

まぁこんなCDによく自分の名前混じってるなぁとか思いますよね。麻宮がやってることって思い返しても『東方のキャラクターを男に変えてホモさせる文章を書く』『刀剣のキャラクターを意味のわからない生物と絡ませる』の二つですからね。こいつ何……何だ……?
そんな自分が参加出来たのは時空が歪んだんだと思うんですけど、そういう奇跡も中に篭もっているCDなので、みんなロキノン東方4をよろしくおねがいします。

あと、ツイッターとかでロキノン東方4の感想をください。

ていうかロキノン東方4の私を喰らわば花まで喰らいつくしてよって曲がめちゃくちゃよかったなぁ~! またIOSYSの96さんが麻宮さん呼んでくれないかな~!とか明らかなヤラセでいいんでツイートしてくれるといいと思います。別に参加者の中で最底辺なんでこういうことも書きます。
まぁヤラセはともかく、普通にロキノン東方4関連のツイートをすると制作陣みんな喜ぶし、なにより同じ買った人たちと感情を共有出来たり価値観を確かめ合えたりするので、感想ツイートや賞賛ツイートや応援ツイートをするのは悪くないんじゃないでしょうか。特に同人だとこういうことはやっていったほうが良いと思いますよ!

そんなロキノン東方4への記事でした。みんな聴いてくれ~!



ここからは自分語りです。だらだら書くので読まなくていいです。

どこから説明すればいいのかって感じですけど、まぁこのロキノン東方シリーズっていうのが、IOSYSの96さんとvoidさんがロキノン系東方のアレンジCD最高峰を作ろうみたいなコンセプトで始めたらしいんですけど(定かではない)まぁ1年に1枚は出してて、今までのロキノン東方1~3まで色んな豪華参加者が集まってまして。それこそ衝動的の人とか(麻宮ミヤネはシノダさん結構好き!)が参加してて。言っちゃえば半端ないCDって感じです。

多分時空が歪んだと思うんですけど、ある日96さんから連絡が来て「ロキノン東方4出るから作詞しない?」みたいな一言で依頼が来たので、即答で「します(泣)」って答えて参加したんですね。前にも96さん個人サークルのハピスクのCDやそれこそIOSYSのハロウィンCDでも作詞みたいなことさせてもらったので、頑張って時空が歪んだらこんなこともあるんだなぁみたいな。
まぁ紆余曲折あって、それこそ知ってる人は知ってるんですけど麻宮のリアルの生活が今結構とんでもないんで、一時期は家失うレベルまで行ったんですけどまぁそこも紆余曲折あって、何とか作詞して提出することが出来ました。

歌詞についてはさっきより細かく説明すると好きになりすぎると相手の嫌いな部分も見えてくるけどそういう所も含めて好きだよ~!みたいな女の子ソングって言えば聞こえはいいですね。恋愛なんて好きや嫌いとかで縛れる理屈じゃなくて、嫌いだけど好きだし好きだけど嫌いだしっていうワケわからないモノなので。メディスンの毒要素をそこに抽出して、メディスンの人形としての魅力を盛り込んでアウトプットしました。
何度歌詞を見ても自分の恋愛観が透けて見えそうなのがイヤなのと、生放送で96さんにまったく理解出来ない!みたいなこと言われたのは未だに心の傷ですけど、ていうか普通に自分でも理解出来ないですんで96さんが正しいです。でもその部分以外は気に入ってます。
何だかんだで良い感じに書けたんじゃないでしょうか。自画自賛しますけど。以前作詞した『あの少女の愛がまるで人形のように嘘めいていたとしても』って曲よりはわかりやすいかもしれないですね。ていうかどっちも人形って単語とか使ってますけど、これじゃあめっちゃ人形好きな人みたいな感じになってる。

ていうか、参加者の中で結構トップクラスにイオシスが好きっていうかただのイオシスのオタクなノリありますからね。かなり前ですけどぬるぽ放送局にメール送って読まれたことありますし。アリマ様が見てるにも送って読まれたことあるし。当時は自分が普通にメール送ってるサークルで作詞させてもらえるとか考えてませんでしたからね。人生何が起こるかわかりませんね。ていうか人生自体はだいぶ間違えたんですけど、間違えたなりに何か起こるモノなんですね。ライブとかイベントも昔はかなり行ってたしな。頑張ってりゃ何かは起こるもんだわな。

ていうか例大祭前日にあった東方事変1st LIVEっていうライブでイオシスが出てて、それを観に行ったんですけど、そこで新曲ですみたいな紹介でやった『私を喰らわば花まで喰らいつくしてよ』は良かったですね。麻宮が作詞した曲なので、観客の中で自分だけが歌えてたが故に96さんが歌詞間違いしたのがすぐにわかってしまったっていうちょっとしたハプニングもありましたけど。
あの時に手を握られたり、目をまっすぐ見つめられて歌われた観客の人とか、それを見てた観客の人はあの感情的な体験を覚えていてくださいね。96さんが身を挺してやってくれたあのパフォーマンスがこの歌の本質ですからね。オタク受けはしないけど(麻宮はキモオタなので今日東方やって布都ちゃんに萌えてました)オタク受けとは真逆の、女性特有の生々しさみたいなものが伝わったんじゃないでしょうか。
メディスンの毒々しさとか、可愛いとか好きとか嫌いとか憎みたいとかエゴとか、そういったおぞましさをライブに来た方は多少の脳裏に置いてもらえたら96さんもやって良かったと思えるはずです。多分。ああいうパフォーマンスのひとつひとつに無駄な部分がないんです……伝わればいいな。
ちなみに麻宮は普通にオタクなのでライブはめちゃくちゃ楽しくて酸欠になりかけました。ただただ楽しかったです。良いライブでしたね。

だらだらと書いた上によくわからなくなってきたんでここで書くのをやめますけど、とりあえず自分はこの『私を喰らわば花まで喰らいつくしてよ』という曲にめちゃくちゃな愛着があるし、多分他のメンバーの人たちもこの曲や他の曲や言っちゃえばロキノン東方4全体に愛着があると思うので、そういったエネルギーみたいなモノを感じればいいんじゃないでしょうか。感じてくれ。


東方やら同人やらもそうですけど、人々の趣味嗜好みたいなのが時間が経つにつれどんどん変わっていく中で、貴方がこの記事を読んでちょっとロキノン東方4のことが気になったり、ロキノン東方4を聴いたりすることが奇跡だし、長い人生の中でひとつの事実として残るしそれが奇跡ですよね。奇跡って言葉使うとダサく感じちゃうかもしれないですけど、だからこそいいんだと思います。きっと心に残るものって総じてダサいモノですよ!

そんなロキノン東方4、ただただ参加出来てよかったです。本当に。
それじゃあ最後にロキノン東方4の生放送で作ったあるすくんのコメント動画でも貼っておきます。

 

 


ロキノン東方4あるすメッセージ動画 - YouTube

 

 

台無し。